食べ物のビタミンをより多く体に取り込む

食べ物には沢山の栄養が含まれていて、野菜には特にビタミンCなどが含まれていますから、なるべくなら多く摂取したいところです。
でも、食べ物の調理法によってはせっかく入っている栄養素の流出が多くなってしまいます。
たとえば、水溶性のビタミンCを多く含む野菜にはブロッコリーやキャベツがありますが、茹でるとお湯に流れ出てしまいます。
だからスープにするのであれば、具だけではなくスープもしっかり飲むことによって、スープ中に流れでた栄養もちゃんと体に取り込むことができます。
気をつけたいのが、ニンジンやモロヘイヤやカボチャなどに含まれるビタミンAは脂溶性なので油を使って料理をしないと体に取り込みにくくなります。
だから、そういった野菜類は油で炒めて野菜炒めにすることなどによって栄養素を最大限に吸収できるのです。
このように食べ物の栄養素は、調理法によって摂取しやすくなったりしにくくなったりするので、注意しましょう。

Copyright© 食べ物 ビタミン All Rights Reserved.