にらレバー炒めのよさ

にらは、ビタミンAやB2が特に含まれており、ビタミンB1とC、カルシウムも多く栄養価の高い緑黄色野菜です。
独特のにおいは、にらに含まれている硫化アリルによるもので、胃や腸の粘膜を刺激して消化を助ける効果のある食べ物です。
調理方法にはにらと合わせたレバー炒めがありまして、にんにく、豚レバーなどを使用して炒めていきます。
工程としてはレバーを塩水で洗い、水で素早くすすぎザルにあけます。
青みがかかったところをそぎ取り、血のかたまりをを除きながら薄くそぎ切りにします。
そして中華なべに油大さじ3杯程度で熱して、塩を少々加えてにらをさっと炒めて皿にのせます。
にんにくを加えて香りを出しレバーに片栗粉を小さじで振りかけて混ぜながら、なべに入れて強火で炒めます。
最後に酒、しょうゆを混ぜて味をからませ、にらを戻してひと混ぜにします。
レバーはビタミンAが他の食べ物に比べて抜群に多く、そしてB1、B2、鉄分が含まれております。

Copyright© 食べ物 ビタミン All Rights Reserved.